生前対策

遺言に書けること

遺言書に書くことで法的な効力が生じること(財産に関すること)と、効力が生じないこと(家族へのメッセージやお葬式・埋葬方法についての希望など)がありますが、まずは、あなたが何を伝えたいのか考えてみましょう。

遺産分割方法の指定 自分は妻に、預貯金は子どもたちに相続させたい
相続分の指定 事業や家業を長男に継がせるために長男の相続分を多くしたい
負担付遺贈 あの人に、私のペットの世話をしてもらいたい
後見人・後見監督人の指定 自分にもしものことがあったら、私の親に子どものことを頼みたい
付言事項 家族へのメッセージを入れたい
遺言執行者の指定 遺言の執行は、あの人にお願いしたい。

 

遺言作成事務サポートサービスの流れ

イメージ

1.遺言書作成についてのご相談(無料)

2.遺言者様のご意向の確認

3.財産目録作成

4.戸籍謄本や登記簿等の収集

5.公証人への遺言内容の伝達

6.公証人役場にて遺言書の作成

7.サポートサービス完了

遺言書の活用

 

詳しくはこちら


 

遺言の種類

 

詳しくはこちら


 

遺言書作成料金

 

詳しくはこちら


 

行政書士法人ライフが選ばれる理由

1.相続から不動産までワンストップでサポート
2.初回相談完全無料相談しやすい事務所
3.アクセスらくらく八丁堀電停徒歩1分

イメージ無料相談の流れ

1.まずはお電話にて無料相談日時をご予約ください。

2.ご予約の日時にご来所ください。

3.無料面談

4.手続き費用についてお見積の提示

5.ご納得いただいた場合には手続きを開始

お気軽に無料相談にお越しください!
メールでのお問合せ アクセス地図
お気軽に無料相談にお越しください! お気軽に無料相談にお越しください! メールでのお問合せ アクセス地図

pagetop