生前対策

遺言書の種類

遺言書にはいろいろな種類がありますが、一般的に作成される遺言書は、主に「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」の2種類があります。
それぞれメリットとデメリットがありますので、状況に合わせて作成しましょう。
当事務所では、より安全な公正証書での作成をおすすめしております。

自筆証書遺言

作成方法 本人が、全文・氏名・日付を自筆で書き、捺印する。
メリット 自分ひとりで作成できる。
費用がほとんどかからない。
気軽に書き直しができる。
デメリット 不備があると無効になる可能性がある
紛失や改ざんの可能性がある
死後に家庭裁判所の検認手続が必要

公正証書遺言

作成方法 公証役場で公証人が作成する。
メリット 公証人が作成するので不備がない。
原本が公証人役場で保管されている。
死後の検認が必要。
デメリット 作成するのにある程度の手間と費用がかかる
公証人と証人2人に遺言の内容が知られる

遺言書の活用

詳しくはこちら

遺言書に書けること

詳しくはこちら

遺言書作成料金

詳しくはこちら

行政書士法人ライフが選ばれる理由

1.相続から不動産までワンストップでサポート
2.初回相談完全無料相談しやすい事務所
3.アクセスらくらく八丁堀電停徒歩1分

イメージ無料相談の流れ

1.まずはお電話にて無料相談日時をご予約ください。

2.ご予約の日時にご来所ください。

3.無料面談

4.手続き費用についてお見積の提示

5.ご納得いただいた場合には手続きを開始

お気軽に無料相談にお越しください!
メールでのお問合せ アクセス地図
お気軽に無料相談にお越しください! お気軽に無料相談にお越しください! メールでのお問合せ LINEでのお問合せ アクセス地図

pagetop