コラム

遺言書と死後事務委任

コラム

2023/01/07

遺言書を残しておかないと

残されたご家族に負担がかかるケースに

「子供のいないご夫婦」や

「おひとりさま」があげられます。

それを防ぐために、

生前に遺言書を残しておき、

遺産を誰に譲るか、

手続きを行う遺言執行者を誰にするのか等を

決めておくことが望ましいです。

また、このようなケースの場合、

亡くなった後の医療費・入院費の支払い、

ご葬儀、永代供養などを

誰にやってもらうのかで

悩んでいる方もいらっしゃいます。

この場合、生前に死後事務委任契約を結び、

これらの事務を生前に

委任しておくこともできます。

この際に、よく質問を受けるのが、

わざわざ死後の事務を委任しなくても

遺言書にまとめて葬儀も頼むと

書いておけばいいのではないか

というものです。

実際、遺言書に

このように書いている方もおられますが、

死後の事務については法的効力がありません。

あくまで希望を書き残したに過ぎないので、

死後事務については

別に委任しておくべきとなります。

また、遺言執行者や死後事務委任を

任せることのできる

ご家族がいらっしゃらなければ、

専門家に任せることもできます。

このようなケースでお悩みの方は

まずは専門家へご相談ください。

相続のお悩み、無料相談で解消しませんか?

広島の相続・遺言・成年後見・家族信託の専門家集団、行政書士法人ライフは、無料相談実施中

お気軽に無料相談にお越しください!
無料相談の流れ

行政書士法人ライフが選ばれる理由

1.相続から不動産までワンストップでサポート
2.初回相談完全無料相談しやすい事務所
3.アクセスらくらく八丁堀電停徒歩1分

イメージ無料相談の流れ

1.まずはお電話にて無料相談日時をご予約ください。

2.ご予約の日時にご来所ください。

3.無料面談

4.手続き費用についてお見積の提示

5.ご納得いただいた場合には手続きを開始

お気軽に無料相談にお越しください!
メールでのお問合せ アクセス地図
お気軽に無料相談にお越しください! お気軽に無料相談にお越しください! メールでのお問合せ LINEでのお問合せ アクセス地図

pagetop