コラム

字を書かずに遺言書

コラム

2021/01/14

「遺言は書くもの」そのような固定観念を持っていませんか?

書かずに遺言しましょう!

 

障がいによって目が見えなかったり、手や腕に障がいがあったりと、

字を書くのが困難な方もおられます。

字が書けないからと遺言の作成をあきらめていませんか?

 

 

書けます!あきらめないでください。

 

遺言には自筆証書遺言と公正証書遺言などの種類があります。

自筆証書遺言は、遺言の全文を自筆しなければならないため、

字が書けない方には作成をすることは不可能でしょう。

 

 

しかし、公正証書遺言であれば作成可能です。

公正証書遺言は公証役場で全文を印字してくれます。

 

最後に本人の署名と捺印が必要ですが、

字が書けない人のために公証人が代筆してくれます。

 

字が書けなくても遺言は書けるのです。

 

 

ただし、寝たきりで会話もできず、意思の疎通ができない場合などは、

遺言書を作成する能力を欠いているため、

有効な遺言書を作成することはできません。

 

本人の意思が公証人によって確認できる場合のみ

公正証書遺言の作成が可能となります。

 

 

字が書けないからと遺言を書くことをあきらめていた方も

ぜひ一度遺言の作成を考えてみてはいかがでしょうか。

相続のお悩み、無料相談で解消しませんか?

広島の相続・遺言・成年後見・家族信託の専門家集団、行政書士法人ライフは、無料相談実施中

お気軽に無料相談にお越しください!
無料相談の流れ

行政書士法人ライフが選ばれる理由

1.相続から不動産までワンストップでサポート
2.初回相談完全無料相談しやすい事務所
3.アクセスらくらく八丁堀電停徒歩1分

イメージ無料相談の流れ

1.まずはお電話にて無料相談日時をご予約ください。

2.ご予約の日時にご来所ください。

3.無料面談

4.手続き費用についてお見積の提示

5.ご納得いただいた場合には手続きを開始

お気軽に無料相談にお越しください!
メールでのお問合せ アクセス地図
お気軽に無料相談にお越しください! お気軽に無料相談にお越しください! メールでのお問合せ LINEでのお問合せ アクセス地図

pagetop