コラム

子供のいないご夫婦の不動産名義

コラム

2021/01/25

お子様のおられないご夫婦のどちらかが亡くなられた場合、

相続人は、配偶者と被相続人の兄弟姉妹です。

 

 

例えば、ご主人名義のご自宅にご夫婦がお住まいで、

先にご主人が亡くなられた場合、

自宅の名義変更をしないまま放っておくとどうなるでしょうか?

答えは、権利関係がややこしくなり、

名義変更ができない、

固定資産税の支払いを押し付け合うなどの

問題が多発します。

 

ご主人が亡くなり、名義変更をしないままその奥様も亡くなられると、

ご自宅を相続する権利があるのは、ご主人の兄弟姉妹と奥様の兄弟姉妹。

彼らは、結婚式や葬式などで何度かだけ会ったことがある程度で、

集まって話し合うなんてことはあまり考えられません。

そもそも相続人である皆さんご高齢で、

誰かが責任をもって費用を出し、

積極的に手続の旗振り役をやるなんてことも

難しくなっています。

 

だからこそ、配偶者が責任持って、

相続手続きを進めるのが筋なのですが、

実際、配偶者は名義変更をしなくても

そのまま住むには困らないのが現状です。

 

もし、放っておくと困ったことになりそうだなと思われたら、

被相続人の兄弟姉妹のほうから配偶者に促してあげましょう。

それが後々起こりうる、トラブルを回避することになるでしょう。

相続のお悩み、無料相談で解消しませんか?

広島の相続・遺言・成年後見・家族信託の専門家集団、行政書士法人ライフは、無料相談実施中

お気軽に無料相談にお越しください!
無料相談の流れ

行政書士法人ライフが選ばれる理由

1.相続から不動産までワンストップでサポート
2.初回相談完全無料相談しやすい事務所
3.アクセスらくらく八丁堀電停徒歩1分

イメージ無料相談の流れ

1.まずはお電話にて無料相談日時をご予約ください。

2.ご予約の日時にご来所ください。

3.無料面談

4.手続き費用についてお見積の提示

5.ご納得いただいた場合には手続きを開始

お気軽に無料相談にお越しください!
メールでのお問合せ アクセス地図
お気軽に無料相談にお越しください! お気軽に無料相談にお越しください! メールでのお問合せ LINEでのお問合せ アクセス地図

pagetop