コラム

土葬について

コラム

2019/04/02

アメリカやヨーロッパでは、

棺をそのまま埋葬する土葬は一般的ですが、

仏教徒が多い日本では遺体を火葬した上で、

遺骨を墓地に埋蔵あるいは納骨堂に

収蔵するのが一般的です。

 

 

日本では土葬が

「墓地、埋葬等に関する法律」(墓埋法)で

禁止されている訳ではないのですが、

衛生上の理由や土地の占有などの問題から

多くの自治体が条例で禁止しているため、

たとえ故人が土葬を希望していたからといって

地元の墓地で土葬を検討することは、

非現実的と言えるでしょう。

 

実際に、土葬の比率は

火葬の比率に比べて極端に少なく

1%にも達しません。

ただ日本国内で山梨県や高知県の一部地域のように

土葬の風習が残っている場所もあり、

今日でも土葬に関するお客様の色々な相談に

対応している団体もあるようです。

 

今後、日本で外国人労働者の

受入れを拡大することで、

イスラム教徒やキリスト教徒が

増加することが予測されます。

受け入れる私達には異なる文化や

宗教に対する理解が不可欠ですが、

特に火葬を認めないイスラム教やキリスト教の

埋葬方法についての対応は、

日本全体で早急に考える必要があるように思います。

 

行政書士法人ライフでは、

墓じまいや納骨に関するご相談も

お受けしていますので、

お気軽にご相談ください。

 

仏事コーディネーター 三村敏彦

 

 

おひとりさま向け、

喪主の代行や納骨のご相談(死後事務委任契約)は

コチラをご参照ください。

行政書士法人ライフが選ばれる理由

1.相続から不動産までワンストップでサポート
2.初回相談完全無料相談しやすい事務所
3.アクセスらくらく八丁堀電停徒歩1分

イメージ無料相談の流れ

1.まずはお電話にて無料相談日時をご予約ください。

2.ご予約の日時にご来所ください。

3.無料面談

4.手続き費用についてお見積の提示

5.ご納得いただいた場合には手続きを開始

お気軽に無料相談にお越しください!
メールでのお問合せ アクセス地図
お気軽に無料相談にお越しください! お気軽に無料相談にお越しください! メールでのお問合せ LINEでのお問合せ アクセス地図

pagetop