コラム

子どもの日について

コラム

2019/04/27

五月五日は子供の日です。

昔から三月三日の女の節句に対し、

その日は男の節句とされてきました。

当日にチマキや柏もちを食べ、

兜(かぶと)と鎧(よろい)をかざり、

庭に鯉のぼりをたてて

子供の出世を祝います。

端午(たんご)の節句とも言います。

 

 

五月六日は立夏で、

この日から夏が始まります。

初夏のさわやかな風におどる鯉のぼりは、

男の節句にふさわしく勢いが感じられます。

 

ところで、

五月五日が子供の日の祝日になったのは

昭和23年に祝日法で

「こどもの人格を重んじ、

こどもの幸福をはかるとともに

母に感謝する」

ことが趣旨でした。

 

さらに昭和26年には児童憲章が制定され、

そこには

「①すべての国民は、

児童が心身ともに健やかに生まれ、

かつ、

育成されるように努めなければならない。

②すべての児童は、ひとしくその生活を

保障され愛護されなければならない。」

と書かれています。

 

新たな令和の時代では、

親の身勝手な行動で

子供たちが児童虐待の犠牲に

なることのないよう、

心から願うばかりです。

 

行政書士法人ライフでは、

子供の将来を考えての

家族信託や生前贈与などの

ご相談も承っていますので、

お気軽にお問い合わせください。

 

三村敏彦

行政書士法人ライフが選ばれる理由

1.相続から不動産までワンストップでサポート
2.初回相談完全無料相談しやすい事務所
3.アクセスらくらく八丁堀電停徒歩1分

イメージ無料相談の流れ

1.まずはお電話にて無料相談日時をご予約ください。

2.ご予約の日時にご来所ください。

3.無料面談

4.手続き費用についてお見積の提示

5.ご納得いただいた場合には手続きを開始

お気軽に無料相談にお越しください!
メールでのお問合せ アクセス地図
お気軽に無料相談にお越しください! お気軽に無料相談にお越しください! メールでのお問合せ LINEでのお問合せ アクセス地図

pagetop