コラム

自筆証書遺言保管制度~相続手続き編~

コラム

2022/08/18

時の流れは早いものですね。

カープの3連覇から4年、

あの頃のスタメン野手で

今もカープのスタメンなのは

菊池と曾澤ぐらいですね。

コロナ禍はもう3年、

まだあと数年は続きそうですね。

そして、

自筆証書遺言保管制度が始まってから

約2年が経過しました。

保管制度の申請件数は、

令和4年6月現在で累計約37,000件です。

現在でも毎月約1,500件の

申請件数があります。

また、遺言書を保管された方が亡くなって、

遺言書情報証明書の交付請求は

令和4年6月までで累計約1,300件。

こちらは現在、

毎月約100件の交付請求がされています。

遺言書情報証明書とは、

保管されている遺言書の写しのことで、

この書類を利用して

不動産の名義変更や

銀行の解約手続きが可能です。

家庭裁判所での検認の手続きは不要です。

ただし、

交付申請するためには

被相続人の出生~死亡の戸籍謄本や、

相続人全員の戸籍、住民票など

検認と同じくらい

戸籍などの書類が必要になります。

また、交付請求をすると、

法務局から遺言者の相続人全員に

通知がされます。

以上のような手続きは

検認手続きと非常によく似ていますね。

検認手続きと違うのは、

不動産の名義変更や

銀行の解約手続きまでにかかる時間です。

検認手続きは書類を調えてから

検認の日まで1か月以上かかることが多いですが、

遺言書情報証明書は請求から

数日で発行されます。

また、手数料はかかりますが、

複数の遺言書情報証明書を発行すれば

同時に様々な相続手続きを

進めることができます。

ここは公正証書遺言の謄本請求に似ていますね。

当社では、

遺言書の作成から

遺言書での相続手続きまで

サポートしております。

ぜひ一度無料相談にお越しください。

相続のお悩み、無料相談で解消しませんか?

広島の相続・遺言・成年後見・家族信託の専門家集団、行政書士法人ライフは、無料相談実施中

お気軽に無料相談にお越しください!
無料相談の流れ

行政書士法人ライフが選ばれる理由

1.相続から不動産までワンストップでサポート
2.初回相談完全無料相談しやすい事務所
3.アクセスらくらく八丁堀電停徒歩1分

イメージ無料相談の流れ

1.まずはお電話にて無料相談日時をご予約ください。

2.ご予約の日時にご来所ください。

3.無料面談

4.手続き費用についてお見積の提示

5.ご納得いただいた場合には手続きを開始

お気軽に無料相談にお越しください!
メールでのお問合せ アクセス地図
お気軽に無料相談にお越しください! お気軽に無料相談にお越しください! メールでのお問合せ LINEでのお問合せ アクセス地図

pagetop