コラム

遺留分とは

コラム

2021/04/23

遺留分とは、

相続人に最低限保証された相続分です。

遺言等によって侵害された場合、

侵害した他の相続人に対し、

請求することができます。

 

遺留分は、子供などの直系卑属や

親などの直系尊属にありますが、

兄弟姉妹、甥姪にはありません。

 

また、法定相続分の1/2が

遺留分となります。

 

 

例えば、父親が亡くなり、

相続人は兄弟2人だけの場合、

遺留分は、法定相続分1/2の

さらに1/2ですので、

それぞれ1/4となります。

 

父親の残した遺言書により

兄がすべての財産を相続した場合、

弟は兄に対し、

遺産全体の1/4相当の金額を

遺留分として請求できます。

この請求のことを

遺留分侵害額請求といいます。

 

請求するかどうかは、

弟の自由です。

しかし、遺留分侵害額請求は、

侵害されているのを知ってから

1年以内にしなければ

請求権は無くなります。

また、知らなかったとしても

10年で消滅します。

 

遺言が無く、

兄弟での話し合いで、

弟が何も財産を相続しなかったときは

遺留分なんて話にはなりません。

遺言がないのならば

しっかりと法定相続分1/2を

主張すれば良いだけです。

 

遺留分については、

誤解されている方がたまに来られます。

一旦合意した分割協議のことに対し

自分には遺留分があるとか、

遺言も生前贈与の事実もないのに、

遺留分のことを聞かれる方がいます。

 

遺留分については、世間において

言葉だけがひとり歩きしているように思います。

ちゃんとした知識と

自分たちの相続の状況を

しっかりと把握する必要があります。

 

遺言書の作成や遺産分割協議のときに

遺留分ってなんだっけ?なんて思ったら

ぜひ一度、行政書士法人ライフへ

ご相談ください。

相続のお悩み、無料相談で解消しませんか?

広島の相続・遺言・成年後見・家族信託の専門家集団、行政書士法人ライフは、無料相談実施中

お気軽に無料相談にお越しください!
無料相談の流れ

行政書士法人ライフが選ばれる理由

1.相続から不動産までワンストップでサポート
2.初回相談完全無料相談しやすい事務所
3.アクセスらくらく八丁堀電停徒歩1分

イメージ無料相談の流れ

1.まずはお電話にて無料相談日時をご予約ください。

2.ご予約の日時にご来所ください。

3.無料面談

4.手続き費用についてお見積の提示

5.ご納得いただいた場合には手続きを開始

お気軽に無料相談にお越しください!
メールでのお問合せ アクセス地図
お気軽に無料相談にお越しください! お気軽に無料相談にお越しください! メールでのお問合せ LINEでのお問合せ アクセス地図

pagetop