コラム

未成年や認知症の相続人がいるときはどうしたら!?

コラム

2021/03/12

「遺産分割協議とは?」でお話したように

相続人の中に未成年や認知症、行方不明者が

いた場合、代理で遺産分割協議に参加する人を

決めなければいけません。

 

①未成年の場合は、親権者や未成年後見人が

代理人として参加します。

しかし、親権者も相続人にとなる場合には、

親権者自身の立場と代理人としての立場とが

利益相反となってしまいます。

この場合は、未成年者のために特別代理人を

選任し、この特別代理人が遺産分割協議に参加します。

 

②認知症になり意思判断能力を欠く相続人がいた場合は、

その相続人に成年後見人を選任しなければなりません。

選ばれた成年後見人は、本人の財産管理や身上監護を行います。

遺産分割協議では、本人の代わりに協議に参加します。

しかし、上記の未成年者の場合と同様、

成年後見人も相続人になる場合は、利益相反になるため、

特別代理人を選任するか、後見監督人がいる場合は

遺産分割協議には後見監督人が参加します。

 

③行方不明者がいた場合には、不在者財産管理人を選任し、

不在者財産管理人が家庭裁判所の許可を得て、

遺産分割協議に参加します。

 

現在では、②の様に認知症の症状が出ている相続人は珍しくありません。

上記のような相続人がいる場合、通常の相続手続きよりも

時間と労力がかかります。専門家に相談してみましょう。

また、自身又は自身の両親がその様な相続人にならないよう

生前に遺言など対策を行っておきましょう。

相続のお悩み、無料相談で解消しませんか?

広島の相続・遺言・成年後見・家族信託の専門家集団、行政書士法人ライフは、無料相談実施中

お気軽に無料相談にお越しください!
無料相談の流れ

行政書士法人ライフが選ばれる理由

1.相続から不動産までワンストップでサポート
2.初回相談完全無料相談しやすい事務所
3.アクセスらくらく八丁堀電停徒歩1分

イメージ無料相談の流れ

1.まずはお電話にて無料相談日時をご予約ください。

2.ご予約の日時にご来所ください。

3.無料面談

4.手続き費用についてお見積の提示

5.ご納得いただいた場合には手続きを開始

お気軽に無料相談にお越しください!
メールでのお問合せ アクセス地図
お気軽に無料相談にお越しください! お気軽に無料相談にお越しください! メールでのお問合せ LINEでのお問合せ アクセス地図

pagetop