コラム

銀行の解約手続きは何が必要?

コラム

2021/03/26

遺産分割協議書を作成したら、

次に行うことは、解約もしくは名義変更です。

不動産は法務局で相続登記を行い、

相続人に名義変更をします。

預貯金・株は各銀行・証券会社に

解約または名義変更の手続きを行います。

銀行に解約手続きを行う場合には、

どの様な書類が必要なのでしょうか。

 

 

必ず必要な書類は以下の6点です。

①戸籍謄本等(被相続人の出生~死亡まで、相続人の現在のもの)

※法定相続情報一覧図を取得した場合は、戸籍謄本は不要。

②印鑑証明書(全員分)

③遺産分割協議書(相続人全員の署名・捺印(実印)がされているもの)

④本人確認書類

⑤実印

⑥解約金の送金先口座情報

 

これらを持って銀行へ手続きに行きます。

各銀行に所定の書類があるので、必要事項を記入し提出します。

基本的には手続きは1回ですが、ゆうちょ銀行は2回手続きがあります。

また、もみじ銀行など銀行によっては

通常の窓口とは別に相続事務を担当する事務処理センターがあるので、

主なやり取りは書類になります。

手続きに時間がかかるだけでなく、

お金が振込まれるまでにも時間がかかります。

 

 

 

手続きの前準備も、手続きも時間と労力がかなりかかります。

ご心配な方は一度ご相談に来られてみてください。

相続の手続きの流れを一からご説明します。

相続のお悩み、無料相談で解消しませんか?

広島の相続・遺言・成年後見・家族信託の専門家集団、行政書士法人ライフは、無料相談実施中

お気軽に無料相談にお越しください!
無料相談の流れ

行政書士法人ライフが選ばれる理由

1.相続から不動産までワンストップでサポート
2.初回相談完全無料相談しやすい事務所
3.アクセスらくらく八丁堀電停徒歩1分

イメージ無料相談の流れ

1.まずはお電話にて無料相談日時をご予約ください。

2.ご予約の日時にご来所ください。

3.無料面談

4.手続き費用についてお見積の提示

5.ご納得いただいた場合には手続きを開始

お気軽に無料相談にお越しください!
メールでのお問合せ アクセス地図
お気軽に無料相談にお越しください! お気軽に無料相談にお越しください! メールでのお問合せ LINEでのお問合せ アクセス地図

pagetop