コラム

浄土真宗のお彼岸について

コラム

2019/03/05

お彼岸とは、3月の春分の日と9月の秋分の日の、

共に前後3日間の計7日間をいいます。

3月の春分の日と9月の秋分の日は、

太陽が真東から昇り真西に沈みますが、

その日に西方の極楽におられる

阿弥陀仏を礼拝するのにふさわしいという考えから、

平安時代から始まり、

江戸時代には極楽をしのぶ日、

また先祖をしのぶ日としてお彼岸が

定着していったといわれます。

このようにお彼岸はほかの仏教国にない

日本だけの仏教行事です。

 

 

浄土真宗は自分の力で彼岸に渡る考えも

追善供養(ついぜんくよう)

(生きている人が亡くなった人に対して行う供養)もないので、

お彼岸とは修行をするための特別な行事を行う場ではなく、

むしろ日常生活の延長で

仏さまの世界に導いて下さった

亡き祖先や人々をたたえる場として

お墓まいりを行い、

仏さまの教え(法話)を聞かせていただく場、

やがてかえって行く浄土の想いをはせる機会としての

意味合いが重要視されています。

 

お彼岸の期間はどの宗派でも

色々な仏教行事がおこなわれますが、

特に浄土真宗のお寺では

彼岸会(ひがんえ)と呼ばれる法要が勤められ、

多くの門徒さんがお寺にお参りされて法話を聴聞されます。

 

行政書士法人ライフでは、

お仏事に関するご相談も承っていますので、

お気軽にお問い合わせください。

 

仏事コーディネーター 三村 敏彦

行政書士法人ライフが選ばれる理由

1.相続から不動産までワンストップでサポート
2.初回相談完全無料相談しやすい事務所
3.アクセスらくらく八丁堀電停徒歩1分

イメージ無料相談の流れ

1.まずはお電話にて無料相談日時をご予約ください。

2.ご予約の日時にご来所ください。

3.無料面談

4.手続き費用についてお見積の提示

5.ご納得いただいた場合には手続きを開始

お気軽に無料相談にお越しください!
メールでのお問合せ アクセス地図
お気軽に無料相談にお越しください! お気軽に無料相談にお越しください! メールでのお問合せ LINEでのお問合せ アクセス地図

pagetop