コラム

ペットに相続○?☓?

コラム

2020/08/26

現在、日本にいるペット(犬・猫)の数は

一般社団法人ペットフード協会によると

犬猫合わせて約1855万頭と推計されています。

ペットも家族の一員ですが、財産をペットに

相続させられるのでしょうか。

 

答えは「出来ません。」

現在の日本ではペットに

財産を相続させる制度はありません。

法律上、ペットは「物」として扱われます。

(動物愛護法等の特別法を除く)

仮に遺言にペットに財産を相続させる旨を

記載していたとしても、

法律上は有効にはなりません。

 

では、ペットに遺産を相続させたいという思いを

どの様に生かせばよいのでしょうか。

具体的に以下の3つの方法があります。

①負担付遺贈

②負担付死因贈与

③ペットのための信託

 

①負担付遺贈とは遺言で条件を定めて特定の人に

財産譲渡をすることです。

「ペットを飼育することを条件に

飼育に必要な財産を譲る」という内容を

遺言に記載します。

ここで1つ注意が必要です。

負担付遺贈では、遺言でペットの飼育を

一方的にお願いすることになります

指定された相続人が相続放棄という形で

お願いを断る場合もあります。

ペットを託す飼い主側は、託される立場の人と

よく話し合いを行っておくべきでしょう。

 

②負担付死因贈与とは贈与する側が死亡した場合に

ある条件において贈与が行われることです。

①と違い、②負担付死因贈与は

両方の同意の上で成立しているので、

断られる心配はほとんどありません。

ただし、口頭で終わらせずに書面で契約内容を

残しておくことが重要です。

 

③ペットのための信託とは

委託者(飼い主)が受託者(個人・機関)に

財産(ペット・飼育費用)を信じて託すことです。

この際、受益者は委託者と兼任、

もしくは新しい飼い主を受益者として定めます。

信託契約は公正証書で行うことを強くオススメします。

信託は契約内容に注意すべき点が多いため、

専門家の力を借りましょう。

 

上記の方法で託された人が

内容通りに飼育を行っているか、

監視する監督人を

決めておくこともできます。

 

何が起こるかわからない世の中です。

いざという時に、

大切な家族を守れるように

生前に対策しておきませんか?

相続のお悩み、無料相談で解消しませんか?

広島の相続・遺言・成年後見・家族信託の専門家集団、行政書士法人ライフは、無料相談実施中

お気軽に無料相談にお越しください!
無料相談の流れ

行政書士法人ライフが選ばれる理由

1.相続から不動産までワンストップでサポート
2.初回相談完全無料相談しやすい事務所
3.アクセスらくらく八丁堀電停徒歩1分

イメージ無料相談の流れ

1.まずはお電話にて無料相談日時をご予約ください。

2.ご予約の日時にご来所ください。

3.無料面談

4.手続き費用についてお見積の提示

5.ご納得いただいた場合には手続きを開始

お気軽に無料相談にお越しください!
メールでのお問合せ アクセス地図
お気軽に無料相談にお越しください! お気軽に無料相談にお越しください! メールでのお問合せ LINEでのお問合せ アクセス地図

pagetop