コラム

終末医療と尊厳死宣言を考える

コラム

2019/03/23

自分がどのような最期を迎えたいか・・・。

しっかりした元気な時に、

「その思い」を「そのとき」に

「お医者様に伝えてくれる方」に残すことは、

お子様など残された方が

最期のときにどう判断したらよいのか

悩み、苦しむことなく、

医療についての方向性を

ご本人に代わって示すことができるので、

とても大切なことです。

 

 

お子様がおられない方の場合、

お医者様は施設関係者や後見人に対して、

治療の方向性について説明をし、

判断を求めてこられますが、

家族以外の人が医療について

同意することはできないため、

関係者は困ってしまいます。

 

 

できることは、

元気なときの想いを書面にしたものを、

「ご本人の希望は

このようになっていました。」と、

伝えることなのです。

尊厳死宣言というと

何やら大袈裟に聞こえますが、

自分の希望を叶えてくれる

大切な宣言書となりますので、

一度しっかりと考えてみましょう。

 

相続診断士  藤本佐登子

 

任意後見契約・事務委任契約・尊厳死宣言書についての詳しい情報はこちら

行政書士法人ライフが選ばれる理由

1.相続から不動産までワンストップでサポート
2.初回相談完全無料相談しやすい事務所
3.アクセスらくらく八丁堀電停徒歩1分

イメージ無料相談の流れ

1.まずはお電話にて無料相談日時をご予約ください。

2.ご予約の日時にご来所ください。

3.無料面談

4.手続き費用についてお見積の提示

5.ご納得いただいた場合には手続きを開始

お気軽に無料相談にお越しください!
メールでのお問合せ アクセス地図
お気軽に無料相談にお越しください! お気軽に無料相談にお越しください! メールでのお問合せ LINEでのお問合せ アクセス地図

pagetop