コラム

法務局で自筆証書遺言を保管

コラム

2019/03/27

 

自筆の遺言書(以下、自筆証書遺言という。)は

これまで遺言者自らが保管するのが通常で、

紛失や盗難などの危険性が常にありました。

そこで「法務局における遺言書の保管等に関する法律」が

制定され、遺言者は、法務局(遺言書保管所)に

自らの自筆証書遺言を持ち込み、

保管してもらうことが可能になりました。

※遺言書保管法:2020年7月10日施行

 

また、この制度を利用した遺言書は

家庭裁判所での検認手続が要らないことも

注目すべき点です。

 

この制度が始まることにより、

公正証書による遺言の必要性がなくなると

思う方もおられるかもしれませんが、

遺言をされる多くの方は高齢者です。

遺言作成時に

遺言能力(意思能力)があったかどうか、

また法律上有効な文であることを

確実にするためにも、

公正証書遺言はこれからも

多く作成されるのではないかと思います。

 

行政書士 永戸 康弘

 

遺言について詳しくはこちらをご参照ください。

行政書士法人ライフが選ばれる理由

1.相続から不動産までワンストップでサポート
2.初回相談完全無料相談しやすい事務所
3.アクセスらくらく八丁堀電停徒歩1分

イメージ無料相談の流れ

1.まずはお電話にて無料相談日時をご予約ください。

2.ご予約の日時にご来所ください。

3.無料面談

4.手続き費用についてお見積の提示

5.ご納得いただいた場合には手続きを開始

お気軽に無料相談にお越しください!
メールでのお問合せ アクセス地図
お気軽に無料相談にお越しください! お気軽に無料相談にお越しください! メールでのお問合せ LINEでのお問合せ アクセス地図

pagetop