コラム

相続人は誰だろう?

コラム

2020/09/11

今回は「被相続人」「相続人」という用語です。

 

「被相続人」とは、亡くなった人の事、

「相続人」とは、亡くなった人の遺産を

相続する権利のある人、

または相続する人の事です。

「相続人」に当たる人は、

①配偶者②子③直系尊属(父・母など)④兄弟姉妹

になり、相続人である

②~④には順位があります。

配偶者は常に相続人となるため、

順位の枠から外します。

 

まず、第1順位は、子になります。

もし、子が故人の場合は孫に、孫も故人の場合はひ孫に

相続権が移ります。

子がいない場合は、第2順位の直系尊属(父・母など)

が相続人になります。両親がすでに亡くなられている場合は、

祖父母になります。

上記に当たる人が誰もいない場合は、

兄弟姉妹に相続する権利があります。

原則的な相続の割合は法律で各々決まっています。

この相続分については次回のコラムでご説明します。

相続のお悩み、無料相談で解消しませんか?

広島の相続・遺言・成年後見・家族信託の専門家集団、行政書士法人ライフは、無料相談実施中

お気軽に無料相談にお越しください!
無料相談の流れ

行政書士法人ライフが選ばれる理由

1.相続から不動産までワンストップでサポート
2.初回相談完全無料相談しやすい事務所
3.アクセスらくらく八丁堀電停徒歩1分

イメージ無料相談の流れ

1.まずはお電話にて無料相談日時をご予約ください。

2.ご予約の日時にご来所ください。

3.無料面談

4.手続き費用についてお見積の提示

5.ご納得いただいた場合には手続きを開始

お気軽に無料相談にお越しください!
メールでのお問合せ アクセス地図
お気軽に無料相談にお越しください! お気軽に無料相談にお越しください! メールでのお問合せ LINEでのお問合せ アクセス地図

pagetop