コラム

手元供養(てもとくよう)について

コラム

2018/12/27

身内の人が亡くなると、

できるだけ身近に遺骨を置いて供養したいと思う方が最近増えています。

そうしたお客様の要望に応えるように、

近年色々な手元供養用品が販売されています。

特に湯呑み大のミニ骨壺は九谷焼や有田焼などの美術工芸品で作られ、

自宅の祭壇や現代仏壇の中に安置しても違和感のないように作られています。

 

また、遺骨をペンダントの中に入れたり、

人工ダイヤモンドに加工してジュエリーにするサービスもあります。

このように故人の遺骨を自宅で保管する事について法的な問題はありませんが、

遺骨を拝む事については否定的な宗旨もありますので、

気になる時はお寺の住職に相談されると良いでしょう。

 

 

喪主や家族で遺骨を分骨して手元供養とする場合、

分骨のタイミングは火葬時に一部を取り分けるか、

お墓から遺骨を取り出して分ける時になりますが、

火葬場の管理者から火葬許可証(分骨用)を、

墓地管理者からは分骨証明書を発行してもらうと、

後でお墓や納骨堂に納骨する時スムーズに手続きが可能となります。

 

行政書士法人ライフでは、手元供養についてのご相談も承っていますので、

お気軽にお問い合わせください。

 

仏事コーディネーター 三村 敏彦

行政書士法人ライフが選ばれる理由

1.相続から不動産までワンストップでサポート
2.初回相談完全無料相談しやすい事務所
3.アクセスらくらく八丁堀電停徒歩1分

イメージ無料相談の流れ

1.まずはお電話にて無料相談日時をご予約ください。

2.ご予約の日時にご来所ください。

3.無料面談

4.手続き費用についてお見積の提示

5.ご納得いただいた場合には手続きを開始

お気軽に無料相談にお越しください!
メールでのお問合せ アクセス地図
お気軽に無料相談にお越しください! お気軽に無料相談にお越しください! メールでのお問合せ LINEでのお問合せ アクセス地図

pagetop