コラム

遺言に押印がなくなる?なくならない?

コラム

2020/11/12

デジタル庁が発足し、

様々な手続きに押印を無くしていこうとしています。

その際、ニュースのインタビューで

「遺言状の押印もいらないのではないか?」

という意見を耳にしました。

本当にその様なことが出来るのでしょうか。

 

 

答えは「現時点では、出来ません。」

理由としては、法律で押印しなければならないと

決まっているからです。

自筆証書遺言は民法968条で次のように記載されています。

「自筆証書によって遺言をするには、

遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、

これに印を押さなければならない

2 自筆証書中の加除その他の変更は、

遺言者が、その場所を指示し、

これを変更した旨を付記して特にこれに署名し、

かつ、その変更の場所に印を押さなければ

その効力を生じない。」

 

また、公正証書遺言では民法969条4項、5項に次のように記されています。

四 遺言者及び証人が、筆記の正確なことを承認した後、

各自これに署名し、印を押すこと

ただし、遺言者が署名することができない場合は、

公証人がその事由を付記して、署名に代えることができる。

五 公証人が、その証書は前各号に掲げる方式に従って

作ったものである旨を付記して、これに署名し、印を押すこと。」

 

 

実際の業務では、運転免許証やマイナンバーカードのほか、

実印と印鑑証明書で本人確認を行います。

本人が作成したものとしての重要な証になるため、

亡くなった後でも有効になります。

これから当分、遺言に関しては印鑑が無くなることはなさそうですね。

相続のお悩み、無料相談で解消しませんか?

広島の相続・遺言・成年後見・家族信託の専門家集団、行政書士法人ライフは、無料相談実施中

お気軽に無料相談にお越しください!
無料相談の流れ

行政書士法人ライフが選ばれる理由

1.相続から不動産までワンストップでサポート
2.初回相談完全無料相談しやすい事務所
3.アクセスらくらく八丁堀電停徒歩1分

イメージ無料相談の流れ

1.まずはお電話にて無料相談日時をご予約ください。

2.ご予約の日時にご来所ください。

3.無料面談

4.手続き費用についてお見積の提示

5.ご納得いただいた場合には手続きを開始

お気軽に無料相談にお越しください!
メールでのお問合せ アクセス地図
お気軽に無料相談にお越しください! お気軽に無料相談にお越しください! メールでのお問合せ LINEでのお問合せ アクセス地図

pagetop